理念・考え方

PHILOSOPHY・CONCEPT

その先にいる誰かのために

これは、我々が創業から掲げているコーポレートスローガンです。'その先にいる誰か'には、例えば当社グループの社員やその家族、また、お取引先やその先にいるお客様など、様々な解釈や範囲を含んでいます。

ただ、我々が一貫して大切にしているのは「誰かのために働く」ということです。
そして、これを実践・実現していくためにも、「人の役に立つことが好きな人が、性別や年齢を問わず プロとして活躍できる会社」であることを目指しています。人生は、'共感できる会社'や'本気になれる仕事'との出会いによって変わります。同時に、わが社の将来も'共に働く仲間との出会い'によって変わります。
一緒に素晴らしい未来を創っていきましょう。

代表取締役社長 柳楽仁史
代表取締役社長 柳楽仁史

経営理念

その先にいる誰かのために

お客様や仲間の喜びと成功を通じて
自らの士気を高められるプロ集団たることを志します。

行動指針

  • 1 プロ意識
    プロ意識と誇りを持った
    一流のプロ集団を志そう。
  • 2 感謝と応援
    感謝と応援の気持ちを大切にしよう。
  • 3 親身法
    心に届く親身法を徹底しよう。
  • 4 他者貢献
    お客様や仲間の喜びを通じて
    自らの士気を高めよう。
  • 5 変化適応
    変化に挑戦できる強い集団を
    目指そう。
  • 6 最適思考
    全体最適と将来最適を見据えて、
    今なすべきことを考えよう。
  • 7 仮説行動
    自ら仮説を立て、
    能動的に行動しよう。
  • 8 情報発信
    現場の有効情報を
    適時・適所に発信しよう。
  • 9 船井流
    船井流の基本を正しく理解し、
    実践しよう。